INFO


  1. 横浜市・鶴見サルビアホールにて


  2. 新潟県・新潟市西蒲区・角田山妙光寺にて


  3. 広島市中区・旧日本銀行広島支店にて


  4. 片瀬山ギャラリーエスポアールにて、「山内若菜展 ~人間-社会-自然 三位一体~」を開催します。期間は1月21日から1月27日。山内在廊は1月21日(ギャラリートーク)、23日~25日、27日(ギャラリートーク)

  5. お知らせ一覧
  6. ※これらの開催予定のイベント等は、感染症・その他の事情により、予定変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承下さい。

命の三部作

私のテーマはいのちです。

描いているうち、展示しているうちにしわができ亀裂や穴が生れます。 この世界は亀裂だらけなのではないか、という素材からの発見。 穴こそ光が入る。傷口からこそ希望が見えるのだと気がつきました。

2021年、核兵器禁止条約が発効された年に原爆の図丸木美術館で、 その後2022年に平塚市美術館で福島、広島、長崎を題材に、 死を生に反転する希望の三部作を展示しました。

2013年から福島の牧場に通い、動物の死を自分と重ねて見ていました。 真っ黒い絵を、悲劇の曇り眼鏡で描き、 中学校では3.11を忘れないようにと命の講演会をしてきましたが、今、命への讃歌を描きたい。

遺伝子レベルで傷つけられた動物たちの、素晴らしい美しさや強さ、 かけがえのない有機生命体の美しさを放ちたい。

人類を含め、あらゆる命への讃歌を、祈りを込めてささげたい。

世界中のひとに、一人に、絵を見て欲しい。

傷ついた一人、一匹の表現が、誰かに届くようにと思い、このホームページを捧げます。

画家 山内若菜

PROFILE

山内 若菜
Wakana Yamauchi

山内若菜 プロフィール写真
  1. 神奈川県藤沢市生まれ
  2. 武蔵野美術大学短期大学部美術科卒業
  3. 武蔵野美術大学短期大学部専攻科美術専攻修了
  4. ロシアで「シベリア抑留」を忘れない文化交流を開始。以後、日露友好のための個展継続
  5. 福島、岩手でのフィールドワークを重ね、福島の母や牧場を描いた展示を各地で開催
  6. 岡山県、横浜市などの中学校にて芸術鑑賞授業、講演会を開催
Twitter YouTube Facebook Facebook

これまでの活動・実績

ACTIVITY

これまで描いてきたもの

GALLERY

湘南夏風舎

神々の草原を描く
ウマとオラのマキバ
のりちゃんの人形岩

絵本、写真集も販売しております。

詳細を見る

SNS

Twitter

CONTACT

講演、展示等のご依頼・ご相談は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

CONTENTS

INFOACTIVITYGALLERYPROFILE
© 2022 Wakana Yamauchi